ブランディングデザイン(3) Branding Design

0
    ●ブランドの特徴●

    ①価値
    ブランドは
    ①「機能的価値」:本質的な価値、機能
    ②「心理的価値」:体験で得られる気持ち
    の二つの側面から成り立ちます。

    例えば、バンドエイドを例にとると、
    ①機能的価値:パッドが衛生ではがれない
    ②心理的価値:「母と子のイメージ」で、思いやりを表す一枚
    となります。


    ②個性(パーソナリティ)
    個性とは、形容詞で表される、ユニークで一貫したパーソナリティのことです。

    例えば、リーバイスを例にあげると、
    AOAという3っつの要素のモットーをかかげています。
    A: American
    O: Original
    A: Authentic
    これをメインのパーソナリティとして、ブランドが形成されているのです。


    ③約束(プロミス)
    これは、顧客に対し、そのブランドの価値を提供することを約束し、裏切らないことを表します。

    例えば、スターバックスを例にあげると、
    「3rd Place」:心からくつろげる、自宅でも会社でもない、第三の場所
    を提供することを約束し、店鋪の作りから、接客にいたるまで、このプロミスがつらぬかれています。

    また、ディズニーを例にとると、
    「Happinessを提供すること」
    をPhilosophyとしてかかげ、キャスト(従業員)がゲスト(入場者)にステージで劇(ショウ)を見せるということをつらぬいています。
    よって、キャストも、たんなる従業員ではなく、パーク内の役者のひとりとなり、パークを盛り上げる演出者として教育されるのです。


    上記の3つの特徴が、ブランドの特徴となります。
    次は、ブランドアイデンティティと位置づけについて探ります。



    bysivamomo

    ブランディング デザイン(2) Branding Design

    0
      ●ブランド●

      ・ブランドとは人の頭の中にあるものであり、ビジュアルなどから想起される価値あるイメージ、そのイメージから生まれる愛着を指します。
      ・企業などのロゴをみただけで、その企業との関係を思い出しますが、その「記号→イメージ」のつながりがブランドなのです。

      ここで、混同されやすいプロダクト(商品)とブランドの違いについて探ります。

      <プロダクトの特徴>⇔ <ブランドの特徴>
      ・工場で作られる⇔・頭の中で作られる
      ・モノ⇔イメージ
      ・違いがない⇔独自性
      ・価格で買う⇔価値で買う
      ・短命⇔永続性

      プロダクトを生産する時代は終わり、知的財産を生産することが主な産業になってきています。
      ブランド力を高めることは、これからの時代を生き抜く鍵でもあるのです。


      次のブログでは、ブランドの3つの特徴ついて探ります(。・∀・)ノ゙

      bysivamomo

      ブランディング デザイン(1) Branding Design

      0
        ブランドってなに?
        ブランドというと、シャネルやグッチ、高級ブティックのブランドを思い浮かべることが多いと思いますが、それだけではありません。
        有名起業だったり、商品だったり、ロゴやデザインを一眼見るだけで想起させるものがあると思います。
        それらがブランドとして私たちの意識に埋め込まれているのです。
        昨今はそんなブランドを形成するための良質なブランディングが必要とされていますがその背景から探って行こうと思います。


        ●市場と経営について●

        1960年代 Selling時代
        ・日本は、敗戦から復興の時代へと突入
        ・所得倍増計画が発表される
        ・家電需要があがり、冷蔵庫・テレビ・洗濯機などの家電が必需品となる
        ☆作れば売れる時代

        1970年代 Marketing時代
        ・必需品の浸透→買い替えでの選択
        ・外資の自由化
        ☆消費者のニーズに合わせないと売れない

        1990年代 Branding時代
        ・シェア獲得マーケティングの行き詰まり
        ・海外との技術格差の縮小
        ・市場の縮小

        ・シェアを獲得しても利益が出ない
        →×いいものを安く作る=普通
        ○いいものを高く作る+ブランディング

        ☆リピートの固定客を増やし、Brand Royalityを確立することが必要となっています。


        このように、現代では、作る・マーケティングするのはもちろんのこと、ブランディングをしっかりと行い、魅力のある商品や商品を提供する側としてのアイデンティティが求められているのです。


        次のブログでは、ブランドとは一体何なのかについて探ります(。・∀・)ノ゙

        bysivamomo

        | 1/1PAGES |

        calendar

        S M T W T F S
             12
        3456789
        10111213141516
        17181920212223
        24252627282930
        << September 2017 >>

        selected entries

        categories

        archives

        recent comment

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM